スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

oto pspでogg,midiを楽しもぅ~ 

FW1.0でMP3/Ogg/MIDI/WAVを再生できる、psp oto test2という
ソフトがあるそうなので、拾ってきました~。(初耳なソフトだったので;

しーくるさんのHP

「ぼくだけのちいさな世界」
http://kimatten.hp.infoseek.co.jp/

使い方は、上の掲示板の引用です。

>PSPで動作する簡易音楽プレーヤです。
xkazokuのサウンド部分を切り離してGUIをつけただけです。
MIDI/MP3/OggVorbis/WAVが再生可能です。
MIDIを聞くには、別途「timidity GUS/patch」が必要です。
詳しくは同梱のReadme.txtおよびTimidity関連のWebページを参照ください。
xkazokuと同様にやれば問題ないかと。

はっきりいって、起動は遅いし、反応速度も遅いかもしれない。
物好きな人じゃないと使わないかも。
あと、TrueTypeフォントも必要です。忘れずに。

<MIDI再生のための準備>
MIDIを再生したいけどわからない人のための説明を少し。
xkazokuでもMIDIをならしたい方も同じ。以下を見るべし。

TiMidity だだだだ!-金をかけずに MIDI する策-
http://www.i.h.kyoto-u.ac.jp/~shom/timidity/

こちらから、「でかでかzip file」を頂いてきます。
解凍してできたフォルダを「timidity」に名前を変える。
timidityフォルダをメモステにつっこむ。

ms0:/timidity

その中に「timidity.cfg」があるはず。
それをpsp_otoを入れたフォルダに入れる。

ms0:/PSP/GAME/psp_oto/timidity.cfg

今度は「timidity.cfg」を編集します。
テキストエディタで開いて、「dir」で始まる文を以下のようにを修正。

dir ms0:/timidity
dir ms0:/timidity/inst/GUS
dir ms0:/timidity/inst
dir ms0:/timidity/inst/test

これで音源の準備はできたはず。
あとは、同じフォルダにdefault.ttfを入れ忘れなければ動くと思う。

---

これはあくまで例です。他の音源データも同じようにすれば使えます。

ちなみに、音源データを入れなかった場合、MIDIが再生できないだけで、OggVorbis/MP3/WAVは再生できます。

これでわからないなら、timidity関連のページを調べてみてね。
質問内容が初歩的なことだったり、Readme.txtを読んでいないと思われることだった場合、
質問文の意味がわからない場合は、基本的に放置させて頂きます。
Readme.txtに書いてないこと、バグ、間違い、おかしいところなどの報告や質問は歓迎しますよ。
さすがに私にはわからないことには答えれないです。

<起動までの手順~Readme.txtを読んでいますか?~>
私の日本語がひどくて、Readme.txtを読めない人、理解できない人のための起動までの手順
-WindowsXP、PSPver1.0の場合-

1、112.zipをダウンロードする
2、なかにあるEBOOT.PBPを「ms0:/PSP/GAME/psp_oto/EBOOT.PBP」に置く
3、(TrueTypeフォント→)C:\WINDOWS\Fonts\msgothic.ttc(MSゴシック)をデスクトップにコピーしてdefault.ttfと名前変える
4、default.ttfを「ms0:/PSP/GAME/psp_oto/default.ttf」に置く。
5、MIDIを再生するための準備(略)
6、あとはPSPから起動するだけ。


....本当に動くんだ。MP3しか聞かない僕にはあまり需要のない話かも;
でも、oggmidiをサポートしてるってのはFW2.0を凌駕してるw
スポンサーサイト

[2005/09/02 18:38] PSPミュージック | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izuno.blog22.fc2.com/tb.php/4-3a02380b























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。